派遣会社のブラックリストが共有されている気がするんだが他社と裏でつながってるんじゃない?

派遣会社 ブラックリスト 共有

過去に派遣先の仕事をバックレて辞めてしまった。

人間関係などで大きなトラブルを起こし、それが原因で辞めてしまった。

派遣会社には、勤務態度が悪かったり派遣先からの苦情が多いような評価が悪い人には「この社員には一切の仕事を紹介しない」とするブラックリストがあります。

ブラックリストに載るようなことをして辞めてしまった人の中には、その後の別の派遣会社への転職や登録の際に、「もしかしたらブラックリストが派遣会社で共有されているのでは?」と感じていることがあるようです。

もしも過去の失態やトラブルが広く他の会社とも広く共有されていたり、派遣会社同士で情報が交換されているとすれば、今後他の派遣会社に移っても仕事が紹介されないことになってしまいます。

一度でも派遣会社のブラックリストに載ったら、他の派遣会社にも共有されるのではないか。

今回はこのブラックリストの共有についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

派遣会社のブラックリストとは

派遣会社 ブラックリスト

派遣会社は登録している派遣社員の行動や評価を記録する「評価表」を持っています。

評価表の形式については派遣会社によって内容は様々。

派遣先での就業実績や勤務態度、スキル、派遣先企業での評価や過去に起こしたトラブルなどついて詳細に記録したものになります。

評価の高い人には仕事の紹介も多く、良い職場に就きやすくなります。

一方、勤務態度が悪く常識に欠け、突発的なトラブルを起こし、派遣先からの苦情が多いような評価が悪い人には「この社員には一切の仕事を紹介しない」とはっきり明記してあることもあります。

派遣会社の中では、こうしたブラックリスト的なシステムが存在しているのです。

【 関連記事 】派遣をバックレるとブラックリストに載るって本当?

一度ブラックリストに名前が載ってしまうと、紹介される仕事の条件がどんどん悪くなってきたり、仕事の紹介が減ってきている、あるいは全く紹介がまわってこなくなります。

昨今いくら人手不足とはいえ、お客様である派遣先企業に対して、問題がある人間を派遣するのは派遣会社にとって大きなリスクです。

その人が起こしたトラブルのせいで派遣先企業からの信頼を失う危険性もありますし、そのトラブルをリカバリーするためにかける労力や時間は無駄以外の何ものでもありません。

しかも一度ブラックリストに載ってしまったが最後、その派遣会社で信用を回復するのは不可能です。

あなたが何らかの理由・原因でブラックリストに載ってしまった場合、取るべき方法は他の派遣会社に移ることしかありません。

心機一転、新しい環境で頑張っていただきたいのですが・・・

このブラックリストについて、派遣会社同士が裏でつながり情報を共有しているのではないかという話があるのです。

ブラックリストに関するネット上であふれる疑問

派遣会社 ブラックリスト インターネット

今まで所属していた派遣会社でブラックリストに載ってしまった場合、別の派遣会社に移って働くしかなくなります。

しかし派遣会社を移る退職や転職に際して、Yahoo知恵袋などの質問掲示板にはこのような質問があがってきているのです。

●派遣社員の中には「うちでブラックリスト入りしたらもう他でも働けないよ」と脅されたなんていう経験談を語る人もいますが、本当にそんなことはあるのでしょうか

●派遣先にてトラブルがあり、派遣会社や派遣先にかなり強くクレームを言い、今後5年は私の事を忘れないだろうレベルでの言い争いがありました。(中略)前職での出来事は、履歴書にも記載せずに、もちろん口頭でも話さなかったため、その派遣会社は前回の事を知る由もないはずですが、知っているようなニュアンスをされます。

●派遣会社って横の繋がりで情報共有しているんでしょうかね?一社派遣の仕事を期間満了前に辞めたら、他の派遣会社も登録すらさせてくれなくなりました。

伝えていない自分の情報をなぜか派遣会社の人が知っていた、別の職場に応募しようとするタイミングで前に所属していた派遣会社から連絡が来るなど、あたかも派遣会社同士でつながりがあるかのように思える話や書き込みが多数見受けられます

知らないところで自分についての話や情報が出回っているのも気持ちのよいものではありません。

それがブラックリストに載るようなトラブルや退職理由について知られてしまっているなら、せっかく新しい派遣会社で仕事をしようにも、就職や紹介が不利になってしまいます。

派遣会社の間で共有されているブラックリストも存在するのでしょうか。

ブラックリストは他の派遣会社と共有されることはない

業界内で共有されるブラックリストは法律で禁止されている

派遣会社 ブラックリスト 禁止

結論から言うと、派遣会社でのブラックリストが他の派遣会社に共有されることはありません。

派遣業界では、クレジットカードのように会社同士の間で共有されるようなブラックリストを作ることを法律で禁止しています。

「労働基準法 第22条第4項 通信の禁止等(ブラックリストの禁止)」

使用者は、あらかじめ第三者と謀り、労働者の就業を妨げることを目的として、労働者の国籍、信条、社会的身分若しくは労働組合運動に関する通信をし、又は第1項及び第2項の証明書に秘密の記号を記入してはならない。

これは事前に第三者と示し合わせてブラックリストを共有・回覧するなどして、労働者の就業を妨害する目的で使用することを禁止している条文です。

この条文が定められているのは労働基準法ですから、派遣業界のみならず労働市場全体で適応される法律になります。

また、個人情報保護法に定められている個人情報の保護という観点からも、こういった別の会社間にまたがるようなブラックリストが存在することはないと言えます。

本来、ブラックリストや評価表とは、その社員の就業実績や勤務態度、スキルについて派遣先企業でからの評価について見直し、改善点や働き方の意識づけをするために活用される情報です。

もしも派遣先からの苦情があったとしても、それを社員にフィードバックする事で今後の人材の育成につなげていくものであり、派遣社員を排除するために使用されるものではないはず。

ましてや過去に何かトラブルがあったとはいえ、その派遣会社を退職した後も不利益な取り扱いをするために使われてはなりません。

会社内でスタッフの選別のためにひっそりと保存しておく情報ではないようにも思います

もしも派遣会社が派遣社員を排除するためにブラックリストを作成し、派遣会社同士でそうした情報を共有してあなたの労働の機会を奪おうとしているのなら・・・

そうした事態が発覚した時の派遣会社のイメージダウンや信頼の失墜がいかほどか計り知れません。

派遣会社は厚生労働省から事業許可を受ける際に「個人情報保護規定」の審査を受け、それを遵守することを義務付けられています。

労働基準法、派遣法、そして個人情報保護法に照らし合わせても重大な違反になります。

たとえ派遣会社の中に社内用のブラックリストがあったとしても、個人情報を他社間でやりとりすることはありえないと言えるでしょう。

競合他社に情報をわたすメリットはない

派遣会社 ブラックリスト ライバル

派遣会社と一口に言っても、その内容はそれぞれが独立した会社でありいわば「ライバル」で「競争相手」です。

わざわざライバル会社のために、自社の社員に関する情報を流してあげる必要があるのでしょうか。

働く意欲と能力のある評価の高い社員でしたら、派遣会社のシェアの拡大に直結します。

他社に教えたりなんかしたら不利益そのものでしかありません。

ブラックリストに載るような社員の情報も、わざわざ他の会社がトラブルに巻き込まれないように、仕事をやりやすくしてあげるような情報を渡す「お人好し」な会社はありません。

派遣会社同士は派遣枠を互いに奪い合うくらい厳しい競争があり、情報の共有をするような呑気な業界ではないのです。

●別の派遣会社に行っても登録すらさせてもらえなかった

●伝えていないことをなぜか新しい派遣会社の担当者が知っていた。

多くの派遣社員を抱えている派遣会社は、それぞれの社員の悩みや不満を聞き、派遣先企業の間に立ちながら様々なトラブルを解決してきています。

履歴書や職務経歴書にはっきりと書いていなくても、数ヶ月単位で派遣先を次々に変えていたり、退職理由を聞くと口ごもったりと、何となく難ありの人物かわかるのではないでしょうか。

担当者からすれば、これまでの職歴が異常に短い期間ばかりだとバックレる可能性が高いんじゃないか勘ぐってしまいます。

「前の派遣会社から何か連絡が入ってる?」ように不可解に感じても、あなたの態度やこれまでの就業の履歴から「トラブルあり」の本質を見抜かれているだけなのかもしれません。

人の口に戸は立てられないのも事実

派遣会社 ブラックリスト 噂

派遣会社でのブラックリストが他の派遣会社に共有されることはない。

しかしこれはデータ上の話に過ぎないのかもしれません。

人材関係の業界は意外に狭く、派遣会社の営業担当者は退職してもまた派遣業界に転職するケースが結構多いのです。

派遣の登録に行った際に、今までの職歴と合わせてどこの派遣会社で仕事をしていたかを記入することがあります。

自分が以前勤めていた派遣会社に知り合いががいれば、あくまで個人的に電話で問い合わせして聞いてみるくらいのことはできるかもしれません。

また、一つの派遣先企業に複数の派遣会社が入っていることも多々あります。

こういった場合、違う派遣会社であっても顔見知りとなれば、営業担当者で話題にすることくらいはあるかもしれません。

他社派遣会社の派遣社員をチェックし、自社の派遣社員から他社派遣社員の情報を引き出す。

勤務態度が悪い人がいたら、代わりに自社の派遣社員を勧めるためです。

悪い噂ほど早く伝わるものです。

営業担当者を通して伝わるとか、取引業者とか、派遣社員の間で話題になっているとか。

人の口に戸は立てられないのです。

この記事のまとめ

●ブラックリストは他の派遣会社と共有されることはない

●業界内で共有されるブラックリストの作成は、労働基準法や派遣法などの法律で禁止されている

●競争の激しい人材業界でわざわざ他社に有益な情報を流すメリットはない

●ただし派遣会社の営業担当者同士につながりがあり、個人的に情報のやりとりをしている可能性はあり得る

今はどこも人手不足で、使いやすい非正規雇用の人口は格段に増えてきています。

派遣会社の数もかなり多くなっていますから、一つの派遣会社でブラックリストに載ってしまって仕事が紹介されなくなっても、情報が流れている可能性があっても、次に行けば何かしら仕事が見つかるでしょう。

ブラックリストに載ってしまった、載るような行動をしてしまった過去は変えられません。

気持ちを切り替えて、新しい一歩を踏み出していただけたらと思います。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする